消費者金融と銀行カードローン、限度額の見直しの頻度は?

消費者金融や銀行で借入をしている人は、必ず消費者金融のキャッシングで限度額を貰う、銀行カードローンで限度額を貰っている状態になっています。審査が通過したら、消費者金融や銀行はあなたの信用情報を全く確認していないと思っていませんか?実は、各金融機関は限度額の見直しを定期的に行っているのです。

・消費者金融の限度額見直し頻度 大手消費者金融は3ヶ月に一度、限度額の見直しを行っています。これは、貸金業協会の業界ルールと共に、金融庁と貸金業者の貸金業法におけるガイドラインに、総量規制に抵触していない事を概ね3ヶ月に一度、見直しを行うことが望ましいとされているからです。

クレジットカードのキャッシングも貸金業法が適用されますので、同様の扱いになります。

・銀行カードローンは半年~年一回ペースで見直しか 銀行カードローンは貸金業法ではなく、銀行法が適用されるため、総量規制に関係なく、これといったルールが存在していません。

顧客の利用状況の把握を全くしない事は金融庁検査で問題視されますので、半年~1年周期で顧客の信用状態の確認及び、限度額見直しを行っていると思われます。

・限度額見直しの結果、最悪限度額取り消しも 限度額見直しは何をするのかというと、指定信用情報機関にあなたの情報を照会し、その変化を見ます。もしその期間に新たな借入をしていて、総量規制に抵触している様なら、消費者金融は限度額の引き下げを行います。

また、消費者金融、銀行問わず借り過ぎであると見なされるときは、限度額の引き下げの動きに出ます。

その他にも、他社で延滞していたり、長期延滞で指定信用情報機関に異動情報が記録されているなら、各社審査見直しを機に限度額をゼロにされてしまう事もあります。その場合、あなたは全ての債務を全返済しなければ、金利が遅延損害金に切り替わり、実質破綻者の状態になります。

この様に、金融機関各社は定期的な審査の見直しを行ってますので、利用状況が悪いと連鎖的に限度額引き下げや取消が行われることを頭に入れておいてください。 利用状況は絶対に延滞をせずに、良くしておきましょう。

ページの先頭へ