消費者金融のキャッシングの返済日は

消費者金融のキャッシングでは毎月決まった返済日に返済するお約束になっています。 返済日は月初から月終まで自由に設定できる、1日や5日や10日などいくつかの返済日から自由に選べると言ったキャッシングが多いです。

お給料日前の返済日では返済がきつくなる恐れがあるので、お給料日の後に返済日が来るように選んでおきます。 あまり後過ぎるとつい使い過ぎてしまう事があるので、お給料日の3日後くらいがベストです。

銀行のカードローンでは、10日のみなど返済日を自由に選べない場合があります。 キャッシングによっては、35日ごとと言う返済日をご用意している場合があります。

35日ごとの返済日には、返済した次の日から35日後に次回の返済日が来ると言う特徴があります。 そのため毎月決まった返済日にならずにバラバラになります。

毎月バラバラだとうっかり返済を忘れそうになりますが、キャッシング会社では返済日が近くなるとメールでお知らせするサービスを提供している場合があります。 このサービスをご利用していればうっかり忘れて遅延損害金を請求されると言った心配はあまり無いです。

35日ごとの返済日は小まめに返済できる人に向いています。 それは面倒だからと言って35日ごとのままずっと返済していると、毎月決まった返済日で返済するより利息の支払額が多めになってしまうからです。 近頃ではコンビニATMでも返済できるキャッシングが多いので小まめに返済しやすくなっています。

その代わりに提携ATM利用手数料がどうなっているのか確認しておく事が大切です。 利息の支払額を抑えようと提携ATMで返済する事を繰り返すと利用手数料が多くなってしまう事があります。

提携ATMの利用手数料が掛かっても、キャッシング会社のATMであれば利用手数料無料と言う場合が多いです。 事前に最寄りのキャッシング会社ATMを探しておき、そこで返済するようにすれば余計な利用手数料は掛からないです。 インターネットで手数料無料で返済できるキャッシング会社もあり、これならATMまでお出かけしなくても返済ができます。

ページの先頭へ