キャッシング、悪質業者について知る

キャッシングといえば非常に便利なものではありますが、中には悪質な業者もいるので注意しなければなりません。仮に悪質な業者から借りてしまった場合、様々なトラブルが考えられます。

そのような業者はヤミ金とも呼ばれますが、悪質な業者とまともな業者を見分けるためにはどうすればいいのかを紹介しましょう。簡単な方法として登録業者かどうか確認するという方法が挙げられます。

これは、貸金業者として金融庁の登録を受けているかどうかを確認するということです。当然ながら悪質なヤミ金は登録することができないため、まずはここから確認してみましょう。

金融庁登録貸金業者情報検索ページから検索をすることで簡単に調べることができます。ただ、中には登録番号等を詐称している業者があるということも頭に入れておかなければなりません。このページで業者名が出れば100%安心だとは言えないのです。

ヤミ金の特徴として挙げられるのが、とにかく魅力的な誘い文句で近づいてくるということ。 例えば、ブラックリストに載っている人に対し、「うちならば審査不要で貸します。」というように近づいてくるのです。

特に、大々的に審査が甘いということを宣伝している業者はあやしいと思った方がいいでしょう。 業者による審査の難易度にはそれほど違いがないため、その点をアピールしてくる業者はヤミ金である可能性が高いと言えます。

ただ、中には消費者金融からの借り入れ額が限度枠いっぱいになってしまい、ヤミ金であることを知りながら契約する人もいるようです。ですが、そういった選択をした人の多くはとても後悔しています。借金に関する悩みがあるのならば、弁護士や法テラスを利用するのが正しい方法だといえるでしょう。

確かにヤミ金からお金を借りれば一時的にお金のやりくりができる状態になるかもしれません。ですが、結局は返済が追いつかなくなってしまい、借金に苦しめられることになるはずです。

すぐに返済できる金額のみを借りたものの、様々な理由をつけてそれ以上の金額を請求されるケースもあるので、絶対に利用しないようにしましょう。

ページの先頭へ