消費者金融~キャッシングの審査と雇用形態~

キャッシングの審査では、雇用形態も重視されます。安定性の高い人ほど評価が高く、フリーターやアルバイトはどうしても評価が低くなるといえるでしょう。消費者金融初心者の方には少し分かりづらいかもしれませんので、この点詳しく説明します。

キャッシングでは年収のほか、属性などによって利用限度額や実質金利が決まる形になります。 消費者金融では総量規制というものが提供されるため、年収の3分の1を超える金額を借りることができません。ですが、中には限度額が年収の3分の1よりもかなり少なく設定されてしまう人もいるのです。

年収が150万円の人の場合、総量規制の影響もあり、借りられる最低額は50万円となります。 そのはずが、限度額が40万円、30万円と少なく設定されてしまうこともあるのです。ここにも雇用形態の問題が関わっています。

雇用形態の中でも最も評価が良いのは正社員です。その中でも3年以上勤続している人は働き始めた人よりもかなり評価が高いと言えるでしょう。一つの仕事が長く続いているということになるので、その先も安定した収入があると期待できるからです。

また、貸す側からしてもお金を借りてすぐに仕事を辞めてしまったということになると大変なので、ある程度の勤続年数がある人にしか貸し出しを行っていません。

次に評価が良いのは派遣社員やパートとして働いている方です。正社員に比べると評価は劣りますが、収入としてはしっかりしている方が多いですよね。給与明細書などを数ヶ月分提出しなければならないこともありますが、そこで問題がなければ融資は可能となるでしょう。

ただ、何か不安なことがある場合、多少融資額が減ってしまうこともあります。 自営業者の場合も収入に関する証明書類の提出を求められることがあるので準備しておきましょう。

融資が難しくなってしまうのは学生や専業主婦など。こういった方は総量規制の関係もあり、融資は難しいです。学生であってもバイトをしているという場合は問題ありませんが、働いていなかったり専業主婦のように自分に収入がない方は消費者金融からの融資を受けられないと思った方がいいでしょう。
埼玉県公式ホームページ

複数の借り入れについて

キャッシングの申し込みができるのは1社のみと決められているわけではありません。 延滞などの事故情報があると複数の業者から借り入れすること難しいのですが、借り入れをしている業者に対してスムーズに返済ができていれば複数の業者から借りることも可能です。

キャッシングはとても手軽に申し込みをすることができますが、複数の業者に申し込みをする際にはいくつか頭に入れておきたいポイントがあります。まず、借り入れや契約に関する情報は個人信用情報として信用情報機関というところに保管されるということ。

ここに登録された情報は様々な金融機関で見ることができるため、もし、複数ある借り入れのうち、どこかで延滞を起こしてしまったりすると、それが他の業者にも知られてしまうのです。

こういった情報は、新たに借り入れをしようと審査を申し込んだ際に大きなマイナスとして見られてしまいます。それから総量規制の問題もあります。消費者金融での借り入れは総量規制の対象となり、年収の3分の1を超える借り入れを行うことはできません。

この3分の1という金額は一社での借り入れではなく、全ての借り入れをまとめた金額です。仮にA社で年収の3分の1に該当する金額を借りていた場合、B社では借りることができません。複数の業者から借り入れをする際には、自分でどの業者からいくら借りているのかをよく理解しておきましょう。

借入件数が増えてしまい、それを何とかして減らしたいと思っているのであればおまとめローン利用するという方法があります。おまとめローンとは複数の業者からの借り入れを一社にまとめるという方法。

高い金利の業者から借りている分を低い金利の業者にまとめれば、総合的な返済額を少なくすることができますよね。

また、複数の借り入れを一つにまとめることにより、返済日が統一され、うっかり返済を忘れてしまうようなことがなくなります。総合的な借金の額も把握しやすくなるので、借り入れ件数が増えてしまった方はおまとめローンなども検討してみてはどうでしょうか。

キャッシングのデメリットとは?

キャッシングには様々なメリットがありますが、デメリットもあります。メリットとデメリットの両方を理解し、賢く利用しましょう。メリットばかりを見てしまうと後になってからデメリットに気づき、困ってしまうことがあるかもしれません。

まず、金利に関するデメリットがあります。消費者金融以外にもお金を貸しているところはありますよね。例えば銀行など。消費者金融のキャッシングは銀行のカードローンに比べるとどうしても金利が高めに設定されています。

住宅ローンや自動車ローンと比較すると金利の高さに驚く人もいるのではないでしょうか。 一般的にキャッシングの金利は8%から14%程度となっており、利用限度額が多くなるほど金利は低くなります。

それならば、最初から高い金額を申し込んでおいた方がお得に利用できるのではないかと考える人もいるでしょう。ですがそれは難しいのです。その理由として挙げられるのが、ある程度の信用を積まなければ大きな金額を借りることができないということ。

しばらくの間遅れることなく返済を繰り返し、実績を積んだ人でなければ大きな金額を借りることはできません。

キャッシングの金利が高めに設定されているのには、保証人や担保が必要となる住宅ローンや自動車ローンと違い、貸し倒れのリスクが高いということが挙げられます。そのため金利を高めに設定し、万が一貸し倒れの被害に遭った時にも最終的にはキャッシング業者か損をしないようになっているのです。

また総量規制が適用されるというのもデメリットの一つです。消費者金融からキャッシングをする場合、総量規制というものの影響で年収の3分の1しか借りることができません。

これにより、自分が希望する金額を借りられないということもあるので、場合によっては必要な金額をキャッシングで賄えない可能性も出てきます。ただ、銀行系は総量規制の影響を受けないため、消費者金融だけでなく、銀行の融資も上手に活用していくと良いでしょう。

このページの先頭へ